ストレッチ素材作業服

ユニフォーム・作業服にで多用されるストレッチ素材「PTT繊維」について

ストレッチ素材の作業服とは? > ストレッチ素材について

制服・ユニフォームに多用されているストレッチ素材

ストレッチ素材の代表的繊維、ポリウレタン(弾性繊維)と旭化成繊維のポリウレタン繊維(ロイカ)とが代表されるストレッチの原料でこの素材と(ロイカ)と帝人のPTT繊維、ソロテツクスとの組み合わせによるストレッチ素材として幅広く普及しています。

従来の歴史あるデュポン社製のポリウレタン素材の後発でありますが特に、ユニフォーム・作業服及びデニム素材としてソフトで軽やかな『ストレッチ性』と『回復性』をもっています。
そのため、幅広く多くの用途に好評です。

PTT繊維とは

『PTT繊維』とは、ポリトリメチレンテレフタレート繊維の略で伸縮性繊維の名称の一つです。
現在の伸縮性繊維であるポリウレタン繊維と比較すると、伸縮性・伸縮力(キックバックパワー)ともやや劣りますが、価格が安いため利用価値は高く注目されているストレッチ素材です。

熱的性質や染色性がポリエステルとナイロンの中間的な繊維です。
最大の特徴は「繊維自体の防汚性の高さと耐久性」があり、水溶性の汚れが繊維内部まで浸透しにくいので汚れやすいハードな現場環境にも最適な素材です。

また、ポリエステルの形態安定性とナイロンのしなやかさを兼ね備えているのも特徴で、各種素材との複合による素材展開が可能です。

「PTT繊維」×「○○」=様々なユニフォーム素材に…

綿を中心とした天然素材との複合より作業服素材、
またはウールとの交撚を中心に、ウ―ルのしなやかな風合いと快適な着用感を追及したユニフオーム素材、(例えば、デュオスパイラルのような永久的ストレッチ性や、プリーツセット性、防シワ性としての素材も開発され多くの用途に展開されています。

他にもストレッチ素材として、合繊メーカーの開発としてPBT繊維(ポリプチレンテレフタレート)をクラレの(ビューフイツト)・帝人・ユニチカ等各社ブランドから展開されています。
ナイロンタッチの風合いで耐久性に優れています。
余談になりますが、天然素材ウ―ル糸自体に捲縮性を持たせる加工でストレッチ性を出す方法もあります。

▲ TOP へ